2017年1月11日 更新

セザンヌの"ハイライト"と"シェーディング"で簡単に小顔メイクが完成♡詳しい方法まで紹介!

今回は人気のセザンヌのハイライトに注目してみました!SNSでも好評なセザンヌのハイライトやシェーディングカラーのどんな所が人気なのか気になりますよね!◎沢山あるセザンヌのハイライトをランキング形式でおすすめしちゃいますよ〜!

11,839 views2 / 3 pages

【セザンヌのハイライトで作る小顔メイクの方法③】シェーディングで大事な部分をぼかす

block_img_140784 ハイライトを入れたら、小顔をつくるためにあごの部分(画像部分)に3本線を引いてぼかしていきます。

【セザンヌのハイライトで作る小顔メイクの方法④】ノーズシャドウをプラスしてさらに立体感を出す

block_img_140785 画像のように、シェーディングカラーを入れてぼかします。先に入れたハイライトカラーが消えないように注意しましょう。 水色の部分には、ハイライトを乗せます。 茶色の部分には、ノーズシャドウを入れましょう!茶色の丸のキワの部分にまでシェーディングするのがコツです◎

▼▼小顔メイクを作る方法はまだまだあります♪こちらの記事をチェックしよう♪ 【小顔効果】ハイライト&シェーディングで立体的な顔を手に入れちゃお♡ | Linomy[リノミー]

今話題のコントアーメイクもセザンヌのハイライトとシェーディングスティックで作れちゃうんです♪

LAで大人気の立体メイク”コントアーメイク”をセザンヌのハイライトとシェーディングスティックで簡単に作れちゃうんです。

【セザンヌで作るコントアーメイクの方法①】ハイライトとシェーディングを入れる場所を確認する

block_img_140928 ①ピンクで囲っているところにハイライトカラーをのせていきます。逆三角形でのせていくのがポイントです。 ②青く囲っているところがシェーディングポイント。フェイスライン際からのせていき、内側に薄くぼかしていくのが基本。最初にのせる場所は頬骨の一番くぼんだ位置です。頬骨の影を入れるとスッキリした顔に見えます。

【セザンヌで作るコントアーメイクの方法②】画像のようにのせていく

block_img_140929 ①セザンヌのハイライトカラーをのせて、スポンジでなじませる。 (おでこの真ん中、鼻筋、唇の脇、あご先、首の真ん中と、こめかみから頬骨の一番出ている部分に向けてライン状に)

②セザンヌのシャドウカラーをのせ、こちらもしっかりとなじませる。 (おでこの生え際、眉頭~鼻の頭にかけての鼻の側面、耳の付け根から頬骨の下、エラからあご先にかけての輪郭)

③いつも通りにパーツメイクを整えれば完成です! 好みでパウダーを重ねて立体感を出して。

【セザンヌで作るコントアーメイクの方法③】

block_img_140930 セザンヌのチークステイックで顔の中央に視線を集めるようコンパクトなT字を描いてより立体感を出しましょう。

▼コントアーメイクでオススメのチークならこちら♪

▶︎セザンヌ チークスティック ¥600(税抜)

お肌に密着するクリームタイプの落ちにくいツヤほわチークで、コントアーメイクをよりパーフェクトな仕上がりに導きます。セザンヌのハイライトはスティックタイプだけじゃないんです。SNSでも人気のパウダータイプをご紹介しちゃいます。

▼▼コントアーメイクにチャレンジするなら、こちらの記事をチェックしよう♪ 日本人向け!小顔になれるクラウンコントゥアリングで立体顔♡骨格美人を作りましょう! | Linomy[リノミー]

セザンヌは優秀なハイライトがたくさん!おすすめのランキングを要チェック♡

【セザンヌおすすめハイライト第1位】セザンヌ フェース コントロールカラー ¥400(税抜)

ハイライトカラー3種類とシェーディングカラー1種類の全4種類と、なりたい肌を作れる優秀アイテムが揃っています。

【ハイライト用】 1.ホワイト(マット)…パールなし ツヤを抑えたシャープな仕上がりを望むならオススメ 2.パール入りホワイト…微粒子パール配合 肌に溶け込むようなつや感を望むならオススメ 5.パール入りピンク…微粒子パール配合 肌なじみが良く血色の良い自然なツヤ感を望むならオススメ

【シェーディング用】 4.マットブラウン…パールなし 肌のトーンを問わず使えるシェーディングカラー。引き締めて立体感をプラスする時にオススメです。

▼購入はこちらから

Amazon | セザンヌ フェース コントロールカラー 4 | マルチメイクカラー 通販 セザンヌ フェース コントロールカラー

▼こちらのセザンヌのハイライトの口コミは