2016年12月17日 更新

寝苦しい熱帯夜でもグッスリ!ビックリするぐらい快眠できるコツって?

144,310 views1 / 2 pages

知りたい!真夏の夜にグッスリ眠る方法

block_img_13583
夏場の暑い夜、寝苦しくて全然眠れない…という方も多いのでは?
そんな熱帯夜でも快眠できるコツ&対策グッズをご紹介します。

スポンサードリンク

知っておきたい!エアコンの上手な使い方

block_img_150408
基本的に、温度設定は26℃~29℃、風向きを上か水平にしておくのが良いようです。

1. 寝る前に除湿しておく

一晩寝ている間に出る汗の量は一般的にどれくらいなのですか? - 季節によ... - Yahoo!知恵袋
睡眠中、人間がかく汗の量は眠りに落ちてからの90分がピーク。その汗が蒸発しないような高い湿度の中ではぐっすり眠れません。そこで、エアコンのドライ機能を利用しましょう。寝る1時間ほど前から寝室の除湿を行うとよいでしょう。

2. 最初の3時間はつけておく

熱帯夜の快適な過ごし方【快眠テク10選】
熟睡するためには最初の3時間が鍵!「徐波睡眠」いわゆる「ノンレム睡眠」と呼ばれるこの時間帯は睡眠中最も眠りが深い時間。暑さでこの時間帯に目覚めることがないよう、最初の3時間はエアコンを付けておきましょう。この時間に目が覚めてしまうと、「寝た気がしない」とよく朝スッキリ起きれなくなってしまいますよ。

3. 扇風機と併用する

扇風機をエアコンと併用する時の置き方、風向きは?|エネチェンジ
扇風機を使って、沈む冷気を循環させましょう。熱い空気と冷たい空気が部屋の中で混ざりあうよう、首を天井に向けた状態でエアコンの対角線上に扇風機を設置しましょう。

エアコンを使いたくない場合は

涼しくて気持ちいいけれど、乾燥や冷えすぎで風邪をひいてしまうかも…。そんな心配から、エアコンの使用を好まない方も多いと思います。

エアコンを使わずにぐっすり眠るにはどうすればよいのでしょうか。

1. 扇風機に濡れタオルをかける

暑さ対策で、「扇風機に濡れタオルをかけるといいよ!」という話をうかがったので... - Yahoo!知恵袋
濡れたタオルは扇風機の前面ではなく、後ろ側にかけた方が効果的です。濡れタオルによって冷やされた空気が扇風機の風に乗って部屋全体に広がります。

2. 頭を冷やす

頭を冷やす思わぬ効果〜アイスノン作戦 : 体質改善・自然治癒力向上対策マップ
アイスノン枕や保冷剤などで「頭」を冷やすと、深部体温が下がって眠りにつきやすくなります。体全体が寒い!と感じないよう、タオルを巻くなどしてひんやり気持ちいい温度に調節してくださいね。

3. 足の裏をお湯タオルで拭く

ノンストップ!「快眠術!深部体温の下げ方!小豆パックの作り方、おススメ敷きパッド」8/3|興味しんしん
寝る前に温かいタオルで足の裏を拭くと、そこから汗が蒸発します。汗を蒸発することで深部体温が下がり、より眠りやすくなります。

4. 10分以内に眠りにつけなければベッドから一旦出る

「パブロフの犬」を応用したシンプルな寝つき改善法 : ライフハッカー[日本版]
ベットに入って10分以上眠れなかった場合は一度ベットから出ましょう。これを何回も繰り返し、10分以内に眠ることを自分の体に覚えさせるのです。その習慣が身につけば、どんなに寝苦しい夜でもすぐに眠れるようになるはずです。

寝る前の環境作りも大切!

block_img_150441

1. 眠る1時間前からテレビやスマホは見ない

眠りが浅い、よく眠れない...というあなた。寝る直前のスマホが原因かも? | TABROID(タブロイド)
テレビやスマホの画面に使われる発光ダイオード(LED)。この光は脳を活性化させる作用があるため、寝付きが悪くなってしまうので注意しましょう。

2. 眠る1~2時間前にお風呂に入る

block_img_168964

人間の体には眠りに入る準備をするため、自らの体温を下げる機能が備わっています。寝る1〜2時間前に入浴し体を温め、体温を下げやすくしておきましょう。特に夏場はエアコン等の使用で体温が下がってしまっているため、お風呂に入ることは快眠にとても効果的です!