2017年2月24日 更新

女子旅にオススメ♡宮城県にある日本酒『一ノ蔵』の蔵見学をレポート◎

333 views1 / 2 pages

block_img_194541
今回ライターSが弾丸で宮城県へ旅行に行ったときのことをレポートします。
宮城県といえば「仙台」「松島」「牛タン」が浮かんできますが、
でも今回お勧めしたいのは一ノ蔵の蔵見学!仙台駅から1時間以内で着くのでアクセスにもそんな困りません◎
もっとオトナの旅にするために、是非「一ノ蔵への蔵見学」をチェックしてみてください◎

なぜ今回一ノ蔵の蔵見学に向かったかというと…

ライターSが居酒屋店員として働いていた時に、とにかくお客様がリピートされていた記憶がある日本酒が『一ノ蔵』なんです。
そんな経験から自分も大人になってから、一ノ蔵のお酒を自然と飲むようになっていたのです。ふとした時に、この一ノ蔵のマークってどんな意味があるのだろうと気になったことが、今回一ノ蔵の蔵見学をしたきっかけでした◎

この一ノ蔵の低アルコール酒は、日本酒好きの女性たちの中でも特に人気なんです!

スポンサードリンク

▼一ノ蔵の蔵見学をされた方の口コミはこちら

さてさて、一ノ蔵への行き方をさらりと解説しちゃいます◎

block_img_193281
▼一ノ蔵への行き方
【仙台駅からJR東北本線で約40分】
松山町駅が最寄り駅になっています!
駅から一ノ蔵へ向かう手段としては、タクシーを使用することをオススメします◎
歩いていけるかなと思いきや、軽く山道を通る時もあり距離がありました!!

途中、松島駅も通過するんです

block_img_193327
途中松島駅を通過するので、窓から日本三景の松島をチラッと見ることが出来るんです◎電車からの眺めることはあまりないので是非、松島の景色をちょこっと楽しんでから一ノ蔵を目指しましょう♡

▼松山町駅に到着すると、随分とひらけた田舎町に

block_img_193264
仙台を出て、松山町駅に到着。弾丸で来たので、ついつい昨日(東京にいた)との風景の変わり具合にちょっとビックリ。

▼タクシーに乗って着いた先はこんなに大きな一ノ蔵の建物

どんな建物なんだろうとワクワクしつつ、タクシーに乗っていると、予想以上に大きく白い建物が!!工場のような立派な建物に驚きました。

block_img_193262
一ノ蔵の建物に入ると、入り口横に、沢山の一ノ蔵の見本となるお酒が!!さらにお酒についての詳細な説明があったので、ついつい見入ってしまいました◎

さっそく、一ノ蔵の蔵見学がスタート◎

▼まずはじめに

block_img_194546
蔵見学をする前に、動画を見ていきます。一ノ蔵の製造過程や、どんな思いでお酒作りの伝統を継承しているのかなど、詳しく知ることが出来ます。
一ノ蔵は、本当に地道な手造りを大切にされているのだなぁ、と感服したライターSでした◎

▼窓越しに

block_img_194547
蔵人の方が、真剣に手作業で取り組んでいる姿を見ることが出来ます(時間帯によっては見られないことも)

▼道具にもこだわりが…

block_img_194549
蔵見学を進めていくと、使用している様々な設備や道具を見ることが出来るのですが、一つ一つにこだわりがあることを知りました!!日本酒は、自然の産物である『お米』と真剣に対話をしていかなければなりません。そんな中で、きめ細やかな温度・湿度調整が必要になってきます。その調節をしやすくする工夫が沢山なされているので、注目です◎

この作業風景は有名かも