2016年10月3日 更新

何倍も美味しくなる!ご飯を炊く際のちょっとした技

404,453 views

基本的にお米は研いだ後、30分ほど水に浸しておくと美味しくなると言われてますよね。でも色々なものと一緒に炊くともっとおいしくなるみたいなんです!そんなわけでご飯を炊く際に入れると良いものを集めてみました。下で紹介する分量は参考程度に、ご自分のお好みの量を見つけてくださいね。

-

ダシ用昆布をのっけて炊きます。深みのある美味しいご飯に!

-

備長炭をのっけて炊きます。ふっくら美味しいご飯に!

-

米2合に対して、ハチミツ小さじ1を入れてしっかり溶かして炊きます。ふっくら旨みのある美味しいご飯に!

-

米2合に対して、酒大さじ2を入れて炊きます。ふっくら美味しいご飯に!

-

米2合に対して、みりん小さじ2を入れて炊きます。ツヤが出て美味しいご飯に!

-

米2合に対して、オリーブオイル小さじ1を入れて炊きます。ツヤが出てしっとり美味しいご飯に!

-

米2合に対して、にがり2滴を入れて炊きます。ツヤが出て美味しいご飯に!

-

米2合に対してひとつまみの塩を入れて炊きます。甘みのあるご飯に!

-

いつものお米の量に対してもち米を3割ほど入れて炊きます。水はすこし少なめにしましょう。これでもっちりご飯に!

-

お米2合に対して酢大さじ1を入れて炊きます。これはご飯が傷みづらくなるので夏場のお弁当なんかに便利!

-

食べたい分のご飯をお皿などに上げ、電子レンジで30秒から1分程度チン。ラップはしないでチンしましょう。

-

米1合に対して日本酒を大さじ1程度入れて、もう一度炊飯器で炊きます。そんなに芯がなければ、この量を多少減らしましょう。

-

炊飯器やお米にもこだわろう

-

とりあえずおいしい新米はこちらのストアで探すと良いかも!品種や出荷エリア別で探すことができるから便利ですよ。

-

おいしいご飯を炊くにはやっぱり炊飯器そのものも大切ですよね。というわけでおいしく炊けると人気の炊飯器を集めてみました。特に一番気になる保温したときのあの嫌な臭いを防ぎたい!という方は真空圧力IHジャーがオススメです。

-