2016年12月9日 更新

ぱっちり二重になりたい人必見!自力で二重まぶたに近づく方法♡

2,168,052 views1 / 2 pages

ぱっちりお目目の二重になりたい!

ぱっちりした二重って女の子にとってやっぱり憧れ。
はっきり二重になると目が大きく見えて顔の印象が全然変わりますよね。
二重にするためにプチ整形などする方法もありますが、お金もかかるしちょっと勇気が出ない…という人も多いハズ。
そんな人のために、今回は自力でできる、二重に近づく方法をまとめてみました。ぜひ試してみてくださいね♪

どうして二重じゃないの?

block_img_116235
二重にならないのは遺伝だけが原因なのではありません。
まぶたに脂肪が多くついていたり、まぶたが浮腫んでいる時にはその腫れぼったさが二重を一重にしてしまっている可能性もあるんです!

スポンサードリンク

二重になるにはまず目の周りの脂肪を燃やしちゃう!

block_img_16323
二重になるためにはまずまぶたの脂肪を減らすことが大切なので、運動やマッサージで脂肪を燃やしましょう。整形手術でも二重にするための埋没手術をする前にまぶたの脂肪を吸引する手術をする場合もあるぐらい、二重にするにはまぶたの予防な脂肪を取り除くことがポイントなんです。

二重STEP1▷ 目の周りを温めて冷やすを繰り返してみる

block_img_16324
二重にするには、目の周りを温めて冷やして、という作業を繰り返すのがとても効果があります。

1.蒸しタオルを5分ぐらいまぶたに乗せる
2.冷やしたタオルを1分間乗せる

これは血行が良くする効果があるので、代謝が上がって自然と脂肪燃焼も促進されます。

二重STEP2▷ ツボを押してさらに血行を良くする

眉間の下にある、骨が落ち込んでいる部分に指を当てて約1分間押します。指を埋め込んでいくような気持ちでグーっと押しましょう。気持ち良いなあと思うくらいの力加減がGOODです。これでさらに血行が良くなりますよ!

二重STEP3▷まぶたを優しくマッサージしてあげる

まずアイクリームを塗ってまぶたの滑りを良くします。クリームが肌に馴染んだら、指の腹で目頭から目尻に向けてまぶたをなぞりましょう。ゆっくりなぞって顔の輪郭を沿って指を下ろしていきます。イメージ的には脂肪を横に流してやるぞ!という感じです。このマッサージは片目ずつ10回が目安です。

そしたら二重のラインをつけていこう♪

block_img_16328
まぶたの脂肪を落とすことによって、まぶたの皮膚が薄くなり二重のラインがつきやすくなります!二重のラインは最初はつけてもすぐに戻ってしまうことが多いですが、ずっとしていると定着していくものなので根気良く続けることが大事です♡

まずは二重のラインを作る場所を探っていきます。
アメピンのように細いもので目頭から目尻までなぞってみて、一番自然な二重になると思った線にしましょう。強く力を入れすぎると目やまぶたに良くないので、加減にも注意してくださいね。
爪楊枝などあまり細いものでするとまぶたを傷つける恐れがあるので、気をつけてください。

場所を決めたら毎日何回かこまめになぞって線を定着させましょう。線がついたら目を見開いて上目遣いにし、二重の状態を頑張って維持する、というのを繰り返すとよりいいです。

二重にするにはまだ気をつけるポイントがあるのでチェック♡

二重にするpoint①上目遣いしても二重にならないという方は

上目遣いしても二重にならない方は、目玉を奥に引っ込めるような気持ちで力を入れて見開いてみましょう。また、指でまぶたを上に引っ張りながらやると二重になりやすいです。

二重にするpoint②アイプチを使うときも注意が必要です

アイプチは二重にする際には便利なアイテムですが、アイプチは刺激が強く、肌が荒れることもあるので注意してください。まぶたの皮膚は特に弱い部分なので、アイプチを使った時はアフターケアをしっかりしましょう。肌が弱い方は、負担の少ないアイテープを使うのがオススメです!

二重にするpoint③ マッサージのやりすぎにも注意

まぶたは他の部分より皮膚が薄くできているので、力加減に注意が必要です。
あまりマッサージを強くやりすぎるとかえって厚いまぶたになってしまう場合もあります。
マッサージをする際は、優しい力加減で軽くやってくださいね。

【二重にするための便利アイテムはこちらでチェック↓↓】
二重まぶた用アイテムランキング(最新口コミ情報) −@cosme(アットコスメ)−