2017年5月7日 更新

実は損をしてるかも!?野菜の栄養を逃さず、食べ物を美味しく食べる方法

野菜は50℃洗いをしないと損!?野菜の食感が劇的に良くなり、美味しさも劇的に増す50℃洗い。たったそれだけで野菜が美味しくなるんです!みなさん、知ってましたか?

143,195 views1 / 2 pages

野菜の栄養を摂取!

みなさん、野菜は低温蒸しをしないと損って知ってました?生野菜と比べても驚きのシャキシャキ食感、そして栄養も低温蒸しすることで倍増するんだとか! そんな野菜や食べ物を美味しく食べるために損していることをまとめてみました♪

スポンサードリンク

やってる食べ物の損なこと!

①根菜類は切らないと損!

大根や玉ねぎなどの根菜類は、お肌にも良いビタミンCが豊富に含まれてますが、実はそのビタミンCって細かく切れば切るほど増えるんです。なので心行くまで刻みましょう。

 

②サラダにはマヨネーズをかけないと損!

野菜に含まれる、アンチエイジングに欠かせないβカロテンやビタミンKというのは、油に溶け込んで初めて体の中に入っていけるという性質があります。マヨネーズは特にそういった栄養が溶け込みやすいんだそうです。

③ブロッコリーは鍋で茹でると損!

ビタミンCが豊富なブロッコリー。でも茹でるとその豊富な栄養素がお湯に溶けだしちゃいます。なので、そのお湯を使ってスープにするか、株のままレンジでチンしましょう。

④ゴマはそのまま食べると損!

栄養満点なゴマは硬い殻に閉じこもっていて、そのまま食べると消化されずに出てきちゃうので、栄養がさっぱり取れません。ゴリゴリすって、すりゴマにして食べましょう。

⑤トウモロコシはかぶりつくと損!

かぶりつくと小さいツブツブが残っちゃいますよね。実はこのツブツブにこそ栄養がぎっしり詰まってるんです。トウモロコシを食べるときは、芯まで綺麗に食べましょう。

⑥鶏肉を煮込むときはお酢を入れないと損!

お酢を加えるだけで、なんと4倍もの栄養分が溶け出してくれるんだそうです。コラーゲンの量も一気に増えますよ。ついでにお肉も柔らかくなりますしね。

⑦白菜は真ん中の部分を先に食べないと損!

白菜の甘み成分というのは、外側の葉っぱで作られて中心部(画像の黄色い部分)に送られるので、中心部を先に食べておけば甘み成分がそのまま葉っぱに蓄積されます。中心部を取り去って3日くらい放置すると、葉っぱがどんどん甘くなるらしいです。

⑧ピーマンは輪切りにしないと損!